デリケートゾーンの黒ずみ・臭い・かゆみを解消

デリケートゾーンの神様

デリケートゾーンのVIO脱毛

VIO脱毛って痛いの?痛み止めはある?麻酔についてもご紹介!

投稿日:2017年5月1日 更新日:

VIO脱毛をして綺麗にしてみようと検討しているけど、「痛い」のがとにかく苦手・・。どうにか痛みを軽減しながらVIO脱毛をしたい。どこで脱毛すれば痛みを少なく脱毛できる?と悩む女性がとてもたくさんいます。

また、痛みを感じたくないから「麻酔」や「痛み止め」を使ってVIO脱毛をすることはできるの?と疑問に思う方も多いです。

このページではそれらの悩みを解決する「VIO脱毛の痛みや麻酔」についてご紹介していきます。

VIO脱毛はサロンかクリニックかで痛みが変わる

脱毛サロンと脱毛クリニックの痛み比較図
VIO脱毛の痛みは、脱毛サロン・エステで光脱毛を行うか、クリニックで医療レーザー脱毛を行うかで痛みが変わってきます。

脱毛サロンやエステで行うVIO脱毛はフラッシュ脱毛(光脱毛)と言って、照射する光の威力が強くないことが特徴です。光が強くないため痛みも比較的少なく脱毛することができます。

しかし、脱毛サロンやエステの場合は光の照射が弱く痛みが少ないのですが、脱毛効果を実感するまでに約6回〜8回程度受ける必要があります。

その反面、クリニックで行われる医療レーザー脱毛は照射される光が強く痛みも強いのですが、脱毛効果を実感するまでに約2回〜4回程度と効果を実感しやすくなっています。

また、クリニックで医療レーザー脱毛を受ける場合は「麻酔」を使うことができるので痛みを最大限取り除いて脱毛することが可能です。

VIO脱毛の麻酔は医療クリニックでしか受けられない

VIO脱毛の痛みがどうしても不安で麻酔をして少しでも痛みを軽減して受けたい!と思った場合は、クリニックの医療レーザー脱毛の一択です。

脱毛サロンは病院ではなく、医療行為が行えないため麻酔を使うことができません。

クリニックであれば医師が在籍しているので医療行為をすることができ、麻酔クリームや笑気麻酔(ガス麻酔)をしてから脱毛を受けることが可能です。

脱毛サロンは麻酔を受けることができないけど、正直脱毛サロンのフラッシュ脱毛の痛みを我慢できなかったという女性はほとんどいないぞ。

痛みを具体的に表すと、ゴムでパチンと弾かれた程度の痛み。さらに痛かったらエステティシャンに「痛いです」って言えば照射の強さを弱くしてくれるからそこまで痛くない。照射を弱くすると脱毛効果が減少するけどな・・・。

クリニックで医療レーザー脱毛をする際に受けられる麻酔について簡単にご紹介します。

VIO脱毛で行う麻酔はほとんどのクリニックが2種類。麻酔クリームか笑気麻酔(ガス麻酔)となります。

麻酔クリームについて

脱毛麻酔クリーム
麻酔クリームはリドカインクリーム(10%)やエムラクリームといった皮膚表面に塗るタイプの麻酔です。

麻酔クリームは塗ってから効果が出るまでに時間がかかるため、麻酔クリームを使う場合には脱毛の約20分前〜30分前にクリームを塗って準備しておく必要があります。

また、麻酔クリームに含まれる成分にアレルギーがある場合には使うことができません。もしもクリニックで医療レーザー脱毛をする予定で麻酔クリームも使おうと考えている方は、カウンセリングの時点で麻酔を使いたいと相談しておくことをおすすめします。

麻酔クリームの効果や費用

麻酔クリームを使うと実際痛みは全く感じないでVIO脱毛できるの?と不安に思う方も多いはず。麻酔クリームを使ったから痛くないでしょ!!って余裕をぶっこいてて「痛っ!!!!!!ビクッッッ」てなったら嫌ですもんね。

実はこの記事を書いている私もVIO脱毛の際に麻酔クリームを使用したことがありますが、正直に話すと全く痛みを感じなくなるわけではありません。

もちろん個人差にもよりますが、それなりな痛みは感じてしまいます。(麻酔クリーム使ったけど脱毛サロンのフラッシュと同じくらい痛かった!!ゴムでパチンって感じです)

麻酔クリームを使う場合には別料金がかかることがほとんどで、1回麻酔クリームを使うごとに2,500円〜3,500円程度かかってしまいます。

ちょっと豆知識をお話しすると、麻酔クリームは皮膚表面にしか効果が発揮できないんです。

でも、医療レーザーで脱毛すると皮膚の奥にまで光を照射するのでやっぱり多少は痛みを感じてしまうんです・・。もし麻酔をするなら、今からご紹介する「笑気麻酔(ガス麻酔)」の方が痛みを感じずらかったですよ♪

笑気麻酔(ガス麻酔)について

笑気麻酔(ガス麻酔)は、鼻に専用の器具を取り付けてそこからガスを送り込むことで頭がボーッとする状態になる麻酔です。

痛みを直接的に抑えるような麻酔ではないのですが、お酒に酔ったような状態に一時的になれるので痛みを感じづらく緩和することが可能です。

あまりにも「VIO脱毛は痛い痛い痛い、怖いなー・・。どうしよう。始まる痛そう。」と頭で考えていると、そこに神経が集中してしまい余計に敏感になってしまい痛みを強く感じてしまう場合がありますが、ガス麻酔を行えば気分が「ポカーン」としているので痛みを感じづらくなります。

笑気麻酔(ガス麻酔)の効果や費用

ガス麻酔をしてVIO脱毛を行った場合、痛みはどれくらい軽減されるの?と不安に思う方もいますが、私が実際に体験した感覚では麻酔クリームを使うよりもガス麻酔を使った方が痛みを感じづらかったです。

と言っても完全な無痛ではありません。

痛みに関しては個人差もあり、表現が難しいのですが、何も使わない状態の場合で医療レーザーを受けると歯を食いしばって汗が出るくらい痛かったのですが、

ガス麻酔を使って医療レーザーを受けた時はちょっと強めの静電気がバシッ!!っと来る感じ程度で、普通に我慢できるレベルの痛みでした。

何度も照射しているうちにどんどん慣れて痛みも全然我慢できるレベルになっていったのを覚えています。

笑気麻酔(ガス麻酔)は10年ちょっと前はガスを吸う時に酸欠状態になってしまい、気分が悪くなったなどのトラブルが数件起きているぞ。

でも、今は機械の進化や医師の的確な対応でほとんどトラブルは起きていない!!どのクリニックでも最新の注意を払ってしっかりと様子を見ながら、話しかけたりしてくれながら行うので安心だ。

VIO脱毛で一番痛いのはIライン

VIO脱毛で最も痛みを感じるのは「Iライン」。

Iライン脱毛は痛みが強い

これはVIO脱毛をした女性に聞いてもほとんどの人が口を揃えて言うことです。

VIOラインは普段刺激を与えたり、痛みを感じることがとても少ないデリケートな部分なので脱毛により光やレーザーを当てるとVラインやOラインよりも明らかに痛く感じます。

VラインOラインの脱毛の痛みには比較的簡単に耐えられたけれど、Iラインだけは「マジで無理だった!!!」という方も少なくありません。

そのよなことを考えると、 麻酔クリームと笑気麻酔の両方を使うことのできるクリニックでの医療レーザーを受けた方が安心といった意見も非常に多いです。

痛みに弱い方は、麻酔を使うことのできる医療レーザーをおすすめします。

毛の濃さで痛みは変わる?剛毛だと痛い?

そして、VIO脱毛をするときに一つ気になるのが「私、めっちゃ毛が濃くて剛毛だけど、クソ痛いんじゃない 汗??」という疑問です。

結論から言うと、剛毛の人の方が若干痛く感じる可能性があります。

剛毛な人は毛穴の数も多く、生えている毛の本数も多く、さらに毛穴の毛を作り出す毛根自体がでかい可能性があります。そうなると脱毛サロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)やクリニックでの医療レーザーの照射が反応する部分が多く、毛が薄くて細い人よりも痛みを強く感じる場合があります。

しかし、剛毛だからといってもう耐えられないほど痛いってわけではありませんので剛毛といった点はそこまで気にしなくて大丈夫です。

痛かったらすぐ言う!!火傷(やけど)の危険あり

一つ注意して欲しい点は、どんなに痛くてもとにかく耐えなければ!!という根性魂を発揮しないでください。ということ。

もちろんVIO脱毛を綺麗に終わらせるにはある程度痛みには耐える必要があります。しかし、「ちょっと無理かも」と思うレベルで痛みを感じる場合にはすぐに「ちょっと痛いです」とはっきり伝えるようにしましょう。

人の肌の厚みには若干個人差があり、光をあてる強さも人それぞれその人にあった強さがあります。

あまりにも痛いのにずっと我慢していると、フラッシュ脱毛の光や医療レーザーで「火傷(やけど)」をしてしまう可能性があるので「痛い。無理」と思ったらすぐに言いましょう。

脱毛サロンのエステティシャンもクリニックの医師も「痛い」と伝えられれば照射の威力を弱めてくれるので恥ずかしがらず伝えることが大切です。

痛みで迷った時、VIO脱毛はどこで受ければいいの??

痛みで迷ったらココに行こう!!

お試しなら脱毛サロンで光脱毛

痛みが怖い。でもVIO脱毛は受けたい!とりあえずどんなもんか試しに行ってみよう!!という方は脱毛サロンがおすすめです。

脱毛サロンはキャンペーンもよくやっていますし、医療レーザーよりも若干料金も安いのでお試しで行ってみるには最適です。ただし、本格的なVIO脱毛(ハイジニーナや永久脱毛)を検討している方は脱毛サロンだと通う回数や効果を実感するまでに時間がかかるのでクリニックがおすすめです。

本格的ならクリニックの医療レーザー

痛いの怖い!でもVIOを本格的に脱毛したい!!という方は、絶対に医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザーは確かに痛いのですが、先ほどもご紹介したように麻酔も使うことができますし、何より脱毛の効果を早い段階でしっかりと実感できるためハイジニーナや綺麗なツルツルVIOを目指している人はクリニックで脱毛することをおすすめします。

間違いない!安心の医療脱毛
アリシアクリニック

アリシア公式ページを見る

今、読まれている人気記事

1
コラージュフルフル泡石鹸がデリケートゾーンの臭い・かゆみに効果がありすぎてビックリ!

通販限定で販売されているピンク色のパッケージをしたコラージュフルフル泡石鹸のピンクを実際に購入して使ってみました! 私がコラージュフルフルを知ったきっかけはデリケートゾーンの臭いやかゆみ、カンジタ膣炎 ...

2
デリケートゾーンの臭いケア!おすすめ石鹸ランキング

このページではデリケートゾーンの臭いをしっかりと解消できるおすすめ石鹸ランキングをご紹介しています。 私が実際に使ってみたデリケートゾーン人気石鹸の中で「これはすごくいい」と思った商品を5つ激選してご ...

3
デリケートゾーンのにおいに効く市販薬や石鹸はある?

デリケートゾーンのにおいを抑える市販薬が欲しい!と思っている方も多いと思いますが、残念ながらドラッグストアや薬局ではデリケートゾーンの臭いを抑える薬は販売されていません…。 でも安心してください! 私 ...

4
デリケートゾーンの洗い方を図で解説!恥垢とにおいを撃退

このページではデリケートゾーンの恥垢・におい・かゆみを予防するための正しい洗い方を図でわかりやすくご紹介しています♪ 一体どこを洗えばいいのか?どうやって洗うのが正しいのか?一つ一つ手順を追って図を見 ...

5
すそわきがを消臭する市販クリーム【おすすめ3選】

陰部(あそこ)から強烈な臭いを発生させる「すそわきが」をしっかり消臭できるクリームを紹介しています。 「すそわきが石鹸」で洗って臭いを落とす方法も有効ですが、一番臭いを抑えることができるのは「すそわき ...

6
デリケートゾーン(vio)の黒ずみクリームランキング

気づいたら真っ黒に黒ずんでいるデリケートゾーン。「こんなに黒ずみがひどいと水着も着れないし彼氏に見られるのも恥ずかしいし最悪」って感じで私は黒ずみに5年くらい悩んでいました。 市販の黒ずみクリームでケ ...

7
デリケートゾーンは何科の病院へ行けばいい?【症状別で解説】

私はデリケートゾーンの「できもの」や「かゆみ」「におい・黒ずみ」で悩んだ時にどこの病院へ行けばいいのか悩んだ経験があります。 多くの方が「婦人科・産婦人科」と「皮膚科」どちらに行けばいいのだろうか?と ...

-デリケートゾーンのVIO脱毛

Copyright© デリケートゾーンの神様 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.