スボンを履いていてもデリケートゾーンが臭い!対処法は?

ズボンを履いているのにも関わらず、デリケートゾーンの臭いが貫通して気になる女性や男性は非常に多くいます。

デニムやスキニー、スカートなどどんな洋服を着ていてもデリケートゾーンの臭いが漂ってしまったりデニムにデリケートゾーンの臭いが付着してしまったりと非常に悩みが深い問題でもあります。

このページでは、ズボンを履いていてもデリケートゾーンが臭ってきてしまう原因と対処法についてご紹介しています。

ズボンを通り越して臭いが発生する2つの原因

デリケートゾーン(あそこ)の臭いがパンツやズボンを通り越して気になる場合には大きく分けて2つの原因があります。

  1. 雑菌繁殖・すそわきが
  2. 性病・炎症を起こしている病気

デリケートゾーンからの強烈な臭いの原因にはこの2つがります。

この2つの原因は似ているようですが、全くの別物で「雑菌繁殖・すそわきが」の場合は自宅でのケアで対処することが可能ですが、「性病・炎症を起こしている病気」の場合には婦人科・産婦人科などで診察して薬を処方してもらわなければ対処することができません。

まずは「雑菌繁殖・すそわきが」を自宅でケアする方法から見ていきましょう。

雑菌繁殖・すそわきがの対処法

ズボンを貫通して強烈な臭いを発生させる症状の代表的なものが「雑菌繁殖やすそわきが」となります。

デリケートゾーンはパンツに密着しているので非常に蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。また、尿をした後に尿に含まれる成分がデリケートゾーンに少しでも付着しているとそこから雑菌が繁殖したりアンモニア臭が発生して強烈な臭いになることもあります。

そして、さらに強烈な臭いを発生させる症状が「すそわきが」です。すそわきがは病気ではなく一種の体臭なのですが、誰でも必ず発症する症状ではありません。すそわきがについて詳しく知りたい方は「すそわきが一覧」をご参考にしてください。

雑菌繁殖・すそわきがは石鹸orクリームで対処

雑菌繁殖による臭いやすそわきがによる臭いはデリケートゾーン専用石鹸や消臭クリームを使って臭を抑えることが一番手っ取り早く臭いを抑えることができます。

もちろん、基本中の基本はデリケートゾーンの正しい洗い方を行い、清潔に保つことですが夏場などの気温が高い時期はどうしてもデリケートゾーンが蒸れてしまうため雑菌が繁殖したり臭いが強くなりやすい傾向になります。

外出先でもしっかりと臭いを抑えるためにはデリケートゾーン専用石鹸や消臭クリームを使うことをおすすめします。

性病・炎症を起こしている病気の対処法

デリケートゾーンの臭いをズボンを通り越して感じたり、ズボンの股部分にデリケートゾーンの臭いが付着するほど臭いが強烈な場合は「性病や炎症を起こしている病気」の可能性があります。

性病の場合は、異性・同性問わず性行為をしたことにより感染することが最も多くなっている病気で症状としては「臭い・膿・おりものの異常・強烈なかゆみ」などが特徴となっています。

デリケートゾーンからの臭い以外に「膿やおりものの異常、強烈なかゆみ」などの症状がある場合は医療機関で一度診察してもらいましょう。

関連記事:デリケートゾーンの臭いで病院に行くべきケース

また、デリケートゾーン(膣内)が炎症を起こしてしまい臭いが発生している場合もあります。

この場合も医療機関で薬を処方してもらわなければ治すことのできな病気ですので、デリケートゾーンの臭いを抑える石鹸やクリームを使っているのにもかかわらず臭いが収まらない場合にはすぐに病院で診察してもらうことをおすすめします。

デリケートゾーンの臭いの異常は婦人科・産婦人科へ

デリケートゾーンの臭いが気になる女性・男性でどの子病院に行ったらいいの?と不安になってしまう方も非常に多いのですが、デリケートゾーンからの異常な臭いや臭いが気になり原因を病院で診てもらいたい場合には「婦人科・産婦人科」のどちらかに行けば診察してもらうことが可能です。

デリケートゾーンのかゆみや異常などについても産婦人科、婦人科で診察できる場合がほとんどなので病院で診察してもらいたい場合は婦人科・産婦人科のどちらかということを頭に入れておきましょう。

デリケートゾーンの悩みでどの病院に行けばいいのかわからない方は、こちらの「デリケートゾーンの病院について」で詳しくご紹介しているのでご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です