デリケートゾーンは何科の病院へ行けばいい?【症状別で解説】

デリケートゾーンは何科に受診するのか
私はデリケートゾーンの「できもの」や「かゆみ」「におい・黒ずみ」で悩んだ時にどこの病院へ行けばいいのか悩んだ経験があります。

多くの方が「婦人科・産婦人科」と「皮膚科」どちらに行けばいいのだろうか?と悩んでしまうのですが、結論から言うと「婦人科・産婦人科」で診察してもらえば間違いありません。

デリケートゾーンの病院は基本、婦人科か産婦人科!

デリケートゾーンに関するトラブルは基本的に婦人科もしくは産婦人科ですべて診察してもらうことが可能です。

具体的にどのような症状を婦人科・産婦人科で診察してもらえるのか?を見てみましょう。

婦人科・産婦人科で診察してもらえる症状

かゆみ・かぶれ・ただれ

デリケートゾーンのかゆみとかぶれとただれデリケートゾーンのかゆみ・かぶれ・ただれは婦人科・産婦人科にて診察してもらうことが可能です。かゆみは皮膚科ではないの?と多くの方が疑問に思われますが、婦人科・産婦人科で問題ありません。

デリケートゾーンの皮膚(VIOライン)がかゆいのであれば、皮膚科で診てもらうことも可能ですが、かゆみの場所によっては性病発症のサインの可能性もあります。かゆみの場合もまずは婦人科や産婦人科で診てもらうことをおすすめします。

診察する内容や手順
かゆみ・かぶれ・ただれの場合の診察内容としては、下着を脱いでデリケートゾーン(陰部)を医師に見せて診察してもらいます。(初めての時ちょっと恥ずかしかったけど、医師は陰部たくさん見ているので特に感情がないそうです 笑)
炎症の場合でも性病の場合でも、ほとんどの場合が塗り薬や膣内に入れる薬が処方され自宅で治療する流れとなります。

できもの・しこり

デリケートゾーンのできものとしこりデリケートゾーンにニキビやできもの、しこりができた場合も基本的に婦人科・産婦人科で診察してもらうことが可能です。もちろん、ニキビやできものは皮膚科が専門ではありますが、デリケートな部分で見せるのが恥ずかしい方もいるはずです。

婦人科や産婦人科であれば、専用の椅子に座り顔を隠して患部を見てもらえるため恥ずかしさもそんなに感じません。一見ニキビっぽくても腫瘍などの可能性もあるので婦人科や産婦人科で見てもらった方が安心です!

臭い・性病

デリケートゾーンのにおいと性病デリケートゾーンの臭いは「婦人科」か「産婦人科」の一択です。デリケートゾーンからの臭いは性病の可能性があり、薬をもらわなければ治らない病気の可能性もあります

デリケートゾーンはどこから臭いが出ているかはっきりとわからないことが多いため、検査設備の整っている婦人科や産婦人科で診察してもらいましょう。

性病の場合は専用の薬を処方してもらわなければ治りませんし、においの場合でもなぜにおいが発生しているのかを特定してもらうことができます。

私もにおいに悩んだ時に産婦人科で診察してもらいました。

ただのケア不足やムレによる「におい」や「かゆみ」の場合は専用石鹸を使うだけで予防することもできます。私のおすすめ「デリケートゾーン市販石鹸ランキングをご参考に!

婦人科と産婦人科の違いって何?

基本的に、産科は婦人病などの診療を行っておらず、婦人科は妊娠に関する診察は行っていないことが多い。

って感じなんですけど、これ曖昧なんです…。

地域によっては「産婦人科」を名乗っている病院で「性病」「かゆみ」「におい」なども診察してくれる場合もあります。

病院に行く場合は、近くの婦人科・産婦人科に電話して症状を伝えて診察可能か確認することをおすすめします。

皮膚科でも見てもらえる症状

デリケートゾーンのトラブルで皮膚科でも診てもらえる症状は、ニキビ・吹き出物になります。

ニキビや吹き出物は皮膚科で専門に診てもらうことができますが、やはりデリケートゾーンを皮膚科医に見せるのは少し抵抗がありますよね。女性であれば女医さんのいる病院を選ぶことで多少は恥ずかしいという抵抗を減らすことができます。

デリケートゾーンの「ニキビやできもの」なども婦人科で診てもらうことは可能なので、恥ずかしさがある方は産婦人科のほうが恥ずかしさが少なく診察してもらうことが可能だと思います。

産婦人科医は陰部を毎日といっていいほど見ていますので、そういった面で「婦人科=陰部を見せる場所」と常識化されているので恥ずかしさも少なく済みます。

デリケートゾーンを病院で診察するのが恥ずかしい

産婦人科に行くのが恥ずかしいデリケートゾーンを病院で診察してもらうのが恥ずかしいという女性が非常に多くいます。

しかし、恥ずかしがっていると今現在の悩んでいる症状が悪化してしまう可能性もあります。デリケートゾーンが炎症などを起こしている場合は一刻も早く医療機関にて診察したほうがいいので、恥ずかしさを捨てて病院でみてもらいましょう。

同性の医師に診察してもらった方が恥ずかしさが少ないので、女性であれば診察を受けようとしている婦人科や産婦人科に電話をして女医がいるかどうか?を確認してみることをおすすめします。

また、婦人科や産婦人科で診察してもらうときは、動く椅子(下半身のみが先生に見える椅子)に足を開脚して座ります。陰部を診察してもらっている最中は医師と顔が合わないようになっているので恥ずかしさも軽減されます。

デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)は美容皮膚科

黒ずみ治療は美容皮膚科へデリケートゾーンの黒ずみを改善したい場合には、美容皮膚科で診察してもらうことをおすすめします。

美容皮膚科では、黒ずみを解消するための医療機器が整っている病院が多く、簡単な処置から治療まで幅広く取り扱っています。美容皮膚科で受けられる黒ずみ改善方法は次のようになります。

  • 塗り薬(ハイドロキノン)
  • ケミカルピーリング
  • レーザー治療

美容皮膚科であればこれらの方法で黒ずみを改善していくことが可能です。

黒ずみは自宅で予防も可能

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい場合は自宅でも手軽に美白ケアできるようになりました!美白成分であるトラネキサム酸やビタミンC誘導体を配合された黒ずみ美白クリームも販売されはじめたので、自宅で美白ケアした方は「デリケートゾーン市販黒ずみクリームを見てみてください♪

まとめ

  • デリケートゾーンのトラブルは「婦人科・産婦人科」で診察する。
  • デリケートゾーンの黒ずみは美容皮膚科で診察。自宅で黒ずみケアも簡単にできる

自己判断はせず、不安に感じた場合はとにかく婦人科や産婦人科で一度診察をしてもらうこと。炎症や性病などは早期発見&治療がとても大切なのでネット上の情報に振り回されずとにかく医者に診察してもらうことを考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です