デリケートゾーンの黒ずみ・臭い・かゆみを解消

デリケートゾーンの神様

お尻の黒ずみ

お尻のザラザラやブツブツした黒ずみをキレイに治す方法

投稿日:

お尻がザラザラしていたり、ブツブツしたものができてしまっても、皮膚科に行って診てもらうのは抵抗がある人も少なくないはずです。汚くなってしまったお尻をどうやって治したらいいのか分からない人に、黒ずみを治す方法や、どうして汚くなってしまったのか、原因を教えていきます。

目次

お尻のブツブツはなに?

お尻にできるブツブツの正体は、主にあせもやニキビです。ニキビは顔にできるものとイメージする人も多いですが、皮脂腺のある場所なら、ニキビは身体のどこにでもできてしまうので油断は禁物です。

ニキビはアクネ菌が増えることでできてしまいます。このアクネ菌は、角質肥厚や、皮脂の過剰分泌によって毛穴に汚れが詰まってしまうことで増えていってしまいます。デスクワークなどで座っている状態が続いていると、刺激が常に与えられていることになるので、アクネ菌が増えやすくなる原因ともなります。

このブツブツの正体は、あせもやニキビの他にも、粉瘤というお尻にできる腫瘍の場合もあります。

ニキビなら市販で販売されているお尻の黒ずみ専用クリームなどで、自宅でのセルフケアをして改善させることもできますが、病気の場合はそうはいきません。

粉瘤は皮膚の下の部分に袋ができて、そこに垢や皮脂がどんどんと詰まっていく事で起こるものです。ニキビだと勘違いして放置してしまうと、炎症を起こし、細菌が入ってきてしまうので注意しないといけません。

粉瘤は一度治っても再発してしまうことがありますが、再発したときは、前回と同じ場所にできます。粉瘤ができる毛穴部分はくぼんでいるため、ニキビかどうかの判断は毛穴を確認して行うようにしましょう。それでも判断がしづらい場合はあるので、心配な人はすぐに皮膚科へ行って診断してもらいましょう。

ニキビやかぶれでお尻がザラザラに?

お尻のザラザラは、ニキビやかぶれなどの影響で角質層が厚くなってしまったことによって起こってしまうものです。

お尻はニキビなどの吹き出物ができやすい部分となっていて、炎症を起こすことでザラついてしまうこともあります。それだけでなく、ザラついている箇所がかゆくなり、つい搔きむしってしまうと、悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。

長時間座っていることでお尻に圧力がかかり、圧迫されることによって角質層が厚くなるのも原因の一つです。座っていることが悪いというわけではなく、この時身につけている下着にも、ザラザラの原因はあります。

皮膚よりも固いナイロン製の下着は特に皮膚へのダメージが多くなり、炎症も起きやすくなってしまいます。肌のことを考え、天然素材で作られているショーツなどを身につけましょう。

ナイロン製のものはデザインが可愛いものが多いため、手放すのはできないという方は、自分の体型にあっているものをしっかり選ぶようにしましょう。

サイズが小さいものでは、足の付け根に黒ずみができてしまうことがあります。他にも、就寝 時には綿やシルク素材のものを身につけて、摩擦が起きないようにしてザラザラを未然に防ぐようにしましょう。

刺激を与えてしまう原因は?

肌に合わない下着を装着していることは、お尻へ刺激を与えてザラザラやブツブツの原因になりますが、他にも原因はあります。睡眠やデスクワーク、運転などで、お尻を長時間圧迫することになってしまう状況も原因となってしまいます。

汗をかいてしまった時、腕や首などとは違って、お尻はすぐに汗を拭き取るということはできません。座りっぱなしの状態で汗をかいてしまうと、下着についている合成洗剤や柔軟剤が溶けてしまうことがあり、それがお尻を汚してしまうことになります。

刺激から身を守るために、肌は角質層をどんどん厚くしていくため、座っている最中は刺激をずっと受けていることから、角質層が厚くなる速度が速まってしまいます。

他にも、お風呂で使用するボディーソープも原因となっています。洗浄力が高いボディーソープを使用していると、皮膚に必要となってくる潤いまで洗い流し、肌をプロテクトする役割を弱めてしまうことになります。

洗浄力の高いものでなくとも、身体を洗う時は強くこすったりしないようにしましょう。椅子に座って頭や身体を洗うことがあるという人は、ボディーソープだけでなく、シャンプーが流れてお尻の下に溜まってしまうことがあるので注意してください。放置していると、湿疹や炎症を起こしてしまうことがあります。

お尻のざらつきや黒ずみで普段の生活で気を付けることは?

お尻がザラついたり、ブツブツができたりしないようにするには、清潔でキレイな状態を保つことが一番です。

刺激を極力避けるようにして、油っこいものなど、刺激物を摂取することは控えましょう。朝昼晩と食事をきちんと摂るようにして、栄養バランスのいい食生活をすることが、キレイになるための基本となっています。

角質細胞のもとともなっているタンパク質、肌には欠かす事のできないビタミン類やミネラルなどを摂取することで、お尻の汚れを防ぐことができます。大切なのは食事だけでなく、睡眠も必要です。成長ホルモンが活発となる午後23時から午前2時の間に寝ることで、肌の調子をよくすることができます。

風呂上りには、保湿クリームなどを使用することで、お尻の乾燥を防ぐようにしましょう。

肌が乾燥したままになっていると、ニキビができやすくなるので気を付けて下さい。厚くなった角質をどうにかしたい時には、ピーリングをしてみましょう。ピーリングは古くなってしまった角質を薬品や石鹸で剥がす事で、表皮のターンオーバーを正常にさせることができます。

市販で販売されている化粧品や石鹸を用いることで簡単にできますが、安全にやりたいという人は、クリニックを利用するようにしましょう。クリニックでのピーリングは、肌に良い薬液を使用することで、厚くなってしまった角質を剥離することができるので、市販で販売されている化粧品のどれを使えばいいか分からない場合は、クリニックへ行ってみてください。

●まとめ
お尻にできるザラザラやブツブツは、お尻が受ける刺激によってできてしまいます。身につけている下着や、ボディーソープなど、刺激の原因となっているものは日常の何気ないものです。お尻の汚れが気になってしまった時は、肌を清潔に保ち、長時間座るときにはクッションや座布団を敷くなどの対策をとるようにしてください。自宅でのセルフケアを行う時には、専用のクリームなどをつかった適切なお手入れをしましょう。

今、読まれている人気記事

1
コラージュフルフル泡石鹸がデリケートゾーンの臭い・かゆみに効果がありすぎてビックリ!

通販限定で販売されているピンク色のパッケージをしたコラージュフルフル泡石鹸を実際に購入して使ってみました! 私がコラージュフルフルを知ったきっかけはデリケートゾーンの臭いやかゆみ、カンジタ膣炎を繰り返 ...

2
デリケートゾーンの臭いケア!おすすめ石鹸ランキング

このページではデリケートゾーンの臭いをしっかりと解消できるおすすめ石鹸ランキングをご紹介しています。 私が実際に使ってみたデリケートゾーン人気石鹸の中で「これはすごくいい」と思った商品を5つ激選してご ...

3
デリケートゾーンのにおいに効く市販薬や石鹸はある?

デリケートゾーンのにおいを抑える市販薬が欲しい!と思っている方も多いと思いますが、残念ながらドラッグストアや薬局ではデリケートゾーンの臭いを抑える薬は販売されていません…。 でも安心してください! 私 ...

4
デリケートゾーンの洗い方を図で解説!恥垢とにおいを撃退

このページではデリケートゾーンの恥垢・におい・かゆみを予防するための正しい洗い方を図でわかりやすくご紹介しています♪ 一体どこを洗えばいいのか?どうやって洗うのが正しいのか?一つ一つ手順を追って図を見 ...

5
すそわきがを消臭する市販クリーム【おすすめ3選】

陰部(あそこ)から強烈な臭いを発生させる「すそわきが」をしっかり消臭できるクリームを紹介しています。 「すそわきが石鹸」で洗って臭いを落とす方法も有効ですが、一番臭いを抑えることができるのは「すそわき ...

6
デリケートゾーン(vio)の黒ずみクリームランキング

気づいたら真っ黒に黒ずんでいるデリケートゾーン。「こんなに黒ずみがひどいと水着も着れないし彼氏に見られるのも恥ずかしいし最悪」って感じで私は黒ずみに5年くらい悩んでいました。 市販の黒ずみクリームでケ ...

7
デリケートゾーンは何科の病院へ行けばいい?【症状別で解説】

私はデリケートゾーンの「できもの」や「かゆみ」「におい・黒ずみ」で悩んだ時にどこの病院へ行けばいいのか悩んだ経験があります。 多くの方が「婦人科・産婦人科」と「皮膚科」どちらに行けばいいのだろうか?と ...

-お尻の黒ずみ

Copyright© デリケートゾーンの神様 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.